リスト音楽院教授陣(M・ペレーニ他)による第20回記念ガラコンサート

〈第20回リスト音楽院セミナー〉
札幌コンサートホールが1997年の開館以来、毎年開催しているリスト音楽院セミナーが20周年を迎えた。セミナーの折に、これまでピアノやチェロの教授のデュオやリサイタルが開かれてきた。セミナーのボランティアとして7・8年前に教授陣や受講生のための受付として2回ほど活動したこともあり、彼らのリサイタルも何回か聴いたことがある。
昨年はミクローシュ・ペレーニのチェロ・リサイタルを久しぶりに聴く予定が体調不良で断念せざるを得ず残念至極であった。昨年2月は7回予定のコンサート鑑賞が2回だけに終わった。今年は慎重を期して15日と16日の2回のコンサートのチケットは数日前に購入した。

2017年2月15日(水) 19:00開演  札幌コンサートホールKitara小ホール

ピアノ/ シャーンドル・ファルヴァイ、 イシュトヴァーン・ラントシュ
チェロ/ ミクローシュ・ペレーニ、   ハープ/ アンドレア・ヴィーグ

二人のピアニストは各々リスト音楽院に学び、ラントシュは94-97年、ファルヴァイは97-2004年にわたってリスト音楽院学長を務めた。彼らは演奏活動と教育活動の両面で活躍し、コンクールの審査員も務めている。ヴィーグは13年11月よりリスト音楽院学長に就任している。
ペレーニは今や世界のトップ・チェリストとして知られ、近年は毎年のように東京でリサイタルを開催している。80年よりリスト音楽院教授。07、09、11年に続いて6年ぶりに彼の演奏を聴いた。

〈Program〉
 J.S.バッハ(コダーイ編曲):前奏曲とフーガ ニ短調 BWV539 (チェロ、ピアノ)
 シューベルト:即興曲 変ロ長調 作品142-3
         即興曲 変ホ長調 作品90-2 (ピアノ・ソロ)
 ワルター=キューネ:チャイコフスキーの歌劇「エフゲニー・オネーギン」
                       の主題による幻想曲(ハープ・ソロ)
 コダーイ:ハンガリーのロンド(チェロ、ピアノ)
 ドビュッシー:前奏曲集 第2集より 5曲(ピアノ・ソロ)
 ブルッフ:コル・ニドライ 作品47(チェロ、ハープ)
 パガニーニ:ロッシーニの歌劇「エジプトのモーゼ」の主題による変奏曲(チェロ、ハープ)
 ドビュッシー:小組曲 (ピアノ連弾)

バルトークとともにハンガリーの大作曲家コダーイはチェロの名手でもあり、バッハのオルガン曲をチェロとピアノのためにいくつか編曲している。ペレーニ&コチシュ(*昨年11月逝去)が編曲版をCD録音しているそうである。オルガン曲もチェロが入ると趣が変わって違った聴き方ができる。

シューベルトの「4つの即興曲 作品90と作品142」は親しみやすい曲。ハンガリーのピアノの巨匠シフのCDで聴き続けて、シューベルトのピアノ曲の中では“気に入りの曲”になっている。近年は演奏会で聴く機会も多くなった。ピアノの鍵盤を動き回る運指にも見入った。

「エフゲニー・オネーギン」はオペラ以外にオーケストラで一部分を聴くことがあったが、ハープによる演奏は珍しかった。ハープの持つ美しさや華やかさが際立った音楽を楽しめた。

ハンガリー民謡を収集してハンガリーの国民音楽をバルトークとともに作り上げたコダーイは今年は没後50年となる。「ハンガリーのロンド」は原曲の管弦楽のための作品をペレーニがチェロとピアノのために編曲して2017年に出版されるそうである。世界に先駆けて日本での初演だったのかも知れない。

ドビュッシーの前奏曲集は1・2集各12曲で全24曲構成。誰もが耳にして親しまれている「亜麻色の髪の乙女」は特別で、他の曲は何度聴いてもタイトルは全く浮かんでこない。タイトルなしで先入観を持たずに聴いたほうが良い聴き方かもしれないと思うようになった。ドビュッシー独特の色彩感に富んだ豊かな音色を想像力を働かせて聴いてみた。自然の風景の中に人間の孤独が描かれていたり、スペインや東洋の異国情緒が漂う調べとともに人の味わう感情が表現されているように思った。

「コル・ニドライ」は一度コンサートでチェロ曲として聴いたことがあるような気がする。ヘブライ語で「神の日」を意味するタイトルだそうだが、曲は重々しくなく明るい美しい旋律を持った作品で、チェロの人気作品のようである。チェロとハープの二重奏で演奏された。

日本語のタイトルがいろいろあって同一曲で何度か耳にしているのだが、違う曲かと勘違いすることがある。コンサートでは1・2度聴いたくらいである。手元にあるCDはシュタルケルとフルニエの両巨匠のチェロ小品集で「パガニーニ:モーゼ幻想曲」、「パガニーニ:ロッシーニの《モーゼ》の主題による変奏曲」となっている。タイトル名は違うが同一の曲で魅力的な作品。
ロッシーニの歌劇《エジプトのモーゼ》の中の旋律を主題として用いた変奏曲をヴァイオリン曲としてパガニーニが書いた。原曲はヴァイオリンのG線のみで演奏される作品。ピエール・フルニエがチェロ曲に編曲してチェロのレパートリーとなっている。
チェロとハープの二重奏で演奏され名演となった。客席を埋めた聴衆の感動を呼び起こした。

最後のプログラムはピアノ連弾。ピアノ2台が並列して、譜めくりストも2人。2階ほぼ中央から見る興味深い連弾だった。連弾曲は鑑賞しやすい単純明解な曲。〈小組曲〉は全4曲で各曲3部形式で、ドビュッシーの若いころの作品。「小舟にて」、「行列」、「メヌエット」、「バレエ」。前奏曲集など他のピアノ曲とは明らかに違う作品だが、若さが横溢して美しい曲が綴られた。今まであまり聴いたことの無い曲を味わった。

第一線で活躍する音楽家4人がステージに登場したガラコ・ンサートは素晴らしかった。補助席まで用意された大盛況に教授陣にも聴衆の満足度が伝わったのか、アンコール曲が2曲も披露された。
小型オルガンも用意され、ピアノ、チェロ、ハープの4つの楽器による演奏は極めて印象深いものとなった。
アンコール曲は①J.S.バッハ(コダーイ編):前奏曲とフーガ ニ短調 BWX853 ②リスト:悲歌 第1番。

11日のウィンター・オルガンコンサートが“ハンガーリの贈りもの”となったが、第20回記念ガラ・コンサートと合わせてリスト音楽院教授が5人も登場する画期的なイヴェントになった。ハンガリー・オーストリア帝国として一時代を築いた歴史のある国の文化が今日も息づいているのは感慨深い。19日まで続くリスト音楽院セミナーの成功を期待する。

※2000年8月のイタリア・ギリシャ観光を思い出した。当時はイタリアからギリシャに何故か直行できずにローマのレオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港からハンガリーのブダペスト国際空港に立ち寄ったことがいまだに記憶として残っている。ブタペスト空港内の土産店で買い求めたハンガリーの小物の民芸品が今も飾り戸棚に入っている。空港でフロリダのNaples(ナポリ)から来た高校生と空港内で待ち時間に話し合った思い出も今思えば懐かしい。(*アメリカにはヨーロッパの都市名と同じ地名が数多くある。フロリダにはヴェニスという地名もある。) 過去を思い出して懐かしさにふける日々が多くなった。



 
スポンサーサイト

チェコ・フィル・ストリング・カルテット2017

昨年に続いてのチェコ・フィル弦楽四重奏団のコンサート。
クラシックの名曲をちりばめた珠玉の名曲集コンサート Vol.3

前回のリーダーだったチェコ・フィル・コンサートマスターに代わって、今回はチェコ・フィル・第2アシスタント・コンサートマスターを務めるマグダレーナ・マシュラニョヴァーが第1ヴァイオリンを担当した。他の3人のメンバーは前回と同じ。

出演/ マグダレーナ・マシュラニョヴァー(Vn)、 ミラン・ヴァヴジーネク(Vn)
    ヤン・シモン(Va)、ヨゼフ・シュパチェク(Vc)
〈PROGRAM〉
 モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジ―ク 第1楽章、  バッハ:G線上のアリア、
 バッヘルベル:カノン、 ハイドン:セレナード、  シューマン:トロイメライ、
 レスピーギ:シシリアーナ、  マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ~間奏曲、
 クライスラー:愛の喜び、  チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ、
 ハチャトゥリアン:剣の舞、  シュトラウス2世:美しく青きドナウ、 エルガー:愛の挨拶、
 リスト:ラ・カンパネラ、  サン=サーンス:白鳥、  ショパン:ノクターン第2番、
 モンティ:チャールダーシュ、 ビートルズ:イエスタデイ、 グレン・ミラー:ムーンライト・セレナーデ、
 ピアソラ:リベルタンゴ、  エリントン:A列車で行こう

弦楽四重奏団演奏会はKitaraでは近年、本格的な弦楽四重奏曲を中心にして小ホール(定員453名)が使用されている。チェコ・フィルのメンバーは多種多様な室内楽を組織しているが、チェコ・フィル・ストリング・カルテットは1992年結成以来、クラシック音楽のみならずポピュラー音楽の人気作品までレパートリーに取り込んでいる。初来日は2007年。札幌は2014年初来札後3回目の公演。最初の札幌公演が人気が高くて北海道公演も今回は釧路でも開催される。聴きなれた名曲ばかりで今回も大勢の客で賑わった。

リーダーが女性の第1ヴァイオリニストで、きれいな日本語で挨拶をしながら時折英語で話し、団員も自己紹介しながら和やかにコンサートが進められた。前回のリーダーほど多弁でなかったが、適度な言葉をはさみながら前回同様の進行状況であった。みなさん日本食が好きで、料理名を上げるたびに会場が湧いた。リーダーは“私はお酒が好きです”と言ったが、たぶんビールだと思った。(*チェコは国民一人当たりのビールの消費量は世界一である。)

前回と同じく前半10曲、後半10曲。原曲が弦楽四重奏曲や弦楽合奏曲のもあったが大部分は原曲をストリング・カルテット用に編曲しての曲。人々の耳に親しんだ名曲ばかりで、いちいち曲の言及は避ける。曲にまつわる知らなかったことなどを書き留めて置く。

「3声のカノンとジーグ」のカノンの部分のみが「バッヘルベルのカノン」として有名になった。カノンとは、主題(第1声部)が奏でる旋律を他声部が間隔を置いて正確に模倣する形式のことだと知った。

ハイドンの弦楽四重奏曲第17番第2楽章アンダンテ・カンタービレは「ハイドンのセレナード」として長く親しまれてきたが、後の研究により、同時代のホフシュテッターの作と判明した。

イタリアのシシリア島の舞曲「シシリアーナ」は数多くの作曲家が同名の曲を書いている。レスピーギの曲は知らないと思っていたら、この曲は彼の「リュートのための古風な舞曲とアリア(全4組曲)」の中の第3組曲の第3曲と判明。小澤征爾指揮ボストン響のCDもあってKitaraのコンサートでもかなり以前に聴いたことがあった。

原曲がヴァイオリン曲や管弦楽曲は聴きやすいが、「白鳥」はチェロで聴くことが多くて、この曲ではチェロのパートが目立った。
全体としては主旋律は第1ヴァイオリンが歌うことが多い。そんなことでヴァイオリンの原曲では違和感は全然なかった。
ショパンのノクターンはやはりピアノでないと曲の味わいが半減すると感じた。

最後のポピュラー音楽4曲の中で「イエスタデイ」には陶酔するほどの感銘を受けた。50年前に一世を風靡した音楽が名曲として一層の味わい深い曲として聴けた。クラシック音楽と言っても何の違和感もないと思った。
1965年のアルバム「HELP!}に収録されたポール・マッカートニーがギターとヴォーカルを担当、弦楽四重奏を伴奏に使ったという。
(*他のメンバーは録音に参加。していない。)

アンコール曲は①ロッシーニ:「ウイリアム・テル」序曲、 ②ニーノ・ロータ:ロメオとジュリエット。
2曲で終わりかと思ったら、メンバーがリーダーの肩を抑えて引き留めてもう1曲。これも演出で、マグダレーナは“皆さん、お楽しみいただけましたでしょうか。最後に、皆さんよくご存じの曲を演奏します”と日本語で説明したのも見事。CDの宣伝もしていた。日本語は難しいと言いながらも巧みな日本語を使って日本人の好感度は大であった。
③シュトラウス1世:ラデツキー行進曲。
チェロ奏者が笛を吹き、聴衆の手拍子も入って楽しい雰囲気のうちに終了。帰りのホワイエではサイン会に並ぶ人たちも結構いた。

8時半ごろに演奏会が終わったので、3ヶ月ぶりに名曲 mini Bar OLD CLASSICに立ち寄った。前回はライヴで内田光子のモーツァルト協奏曲を聴いて、Barではコンセルトへボウでの内田光子のベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を聴いて不思議な気分を味わった。今回も同じようなことを経験した。マスターがチェコ・フィルの「ドヴォルザーク:交響曲第4番と第3番」をかけてくれたのである。数日前のクラシカ・ジャパンの映像で場所は由緒あるドヴォルザーク・ホール。CDはあるが1回耳にした程度である。聴いて観るとなかなか良い。演奏しているメンバーの中に今日のリーダーを務めたマグダレーナ・マシュラニョヴァーの顔を数度テレビが映し出すので嬉しくなった。チェロ奏者の中にモヒカンの人を見つけてビックリ。若いメンバーの姿も多く目についた。
指揮者ピエロフラーヴェクは90年チェコ・フィル首席指揮者に就任したが2年後に辞任、93年にはプラハ・フィルを創設してKitara にもプラハ響やプラハ・フィルを率いて3度登場している。数年前にチェコ・フィルのシェフに就任して今や世界の巨匠としてメジャー・オーケストラを指揮している。10年以上も経過していて、見たことのある指揮者だと思ったがすぐには気づかなかった。チェコ・フィルを率いて札幌公演を実現してもらいたいものである。愛弟子のヤクブ・フルシャを育て上げたが、来日ではドヴォルジャークは定番の曲でなく若い番号の交響曲を披露してもらえると嬉しい。







 

プラジャーク弦楽四重奏団2016

〈Kitara弦楽四重奏シリーズ〉

弦の国、チェコが誇る伝統のアンサンブル、プラジャーク弦楽四重奏団が2年ぶりのKitara登場。前回はシューベルト、ヤナーチェク、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲を演奏した。今回は第1ヴァイオリンが若き女性に交代した。2003年の来札時も2夜にわたっての連続演奏会だったが、今回も別プログラムで2夜の演奏会で第1夜を聴いた。

2016年11月30日(水) 19:00開演  札幌コンサートホールKitara小ホール

〈出演〉 第1ヴァイオリン/ ヤナ・ヴォナシュコーヴァ、第2ヴァイオリン/ ヴラスティミル・ホレク
      ヴィオラ/ ヨセフ・クルソニュ、 チェロ/ ミハル・カニュカ
〈プログラム〉
 モーツァルト:弦楽四重奏曲 第20番 ニ長調 「ホフマイスター」 K.499
 ブルックナー:弦楽四重奏曲 ハ短調 WAB.111
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調 「ハープ」 作品74

モーツァルトが書いた23曲の弦楽四重奏曲のうち所有しているCDは第17番「狩り」のみ。ストリング・カルテットの演奏会では聴く機会の多い作曲家だが記憶に残る曲が殆ど無い。モーツァルトのフルート、オーボエ、ピアノの四重奏曲や弦楽五重奏曲、クラリネット五重奏曲のCDは手元にある。彼の協奏曲のCDはピアノ、ヴァイオリンは当然ながらフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン、トランペットと揃っている。自分でも振り返ってみて不思議に思うが、多分ハイドンやモーツァルトの弦楽四重奏曲は曲数が多くてタイトルのない曲に親しめなかったのだろう。
「第20番」が楽譜出版社のホフマイスターの依頼による作品であることから名称が付いたらしい。モーツァルトらしい美しい旋律も余りないので余韻が残らない。生で聴くカルテットはCDとは比べものにならないほど心地よい。一過性の曲になってしまうのは残念ではある。

ブルックナーの弦楽四重奏曲を意識して聴いたのは多分初めてである。彼の38歳の作品というが従来のカルテット曲と違う味が出ていて面白かった。新鮮な気分で曲が鑑賞できた。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は初期の6曲を除いて、度々コンサートの前後に繰り返し聴いて今では結構親しんでいる。ベートーヴェンの手による曲はサロン的な気分ではなくて厳しい深い音楽になっているので一層心に響くものがある。彼が残した16曲の弦楽四重奏曲のうち「第7-11番」は中期、50代に書かれた「第12-16番」が後期作品とされコンサートで取り上げられる機会が多い。
「ラズモフスキー3曲」の後に作曲された《運命》、《田園》の波に乗って、「第10番」は1809年38歳の時に〈ピアノ協奏曲・皇帝〉、〈ピアノソナタ・告別〉と同時期に書かれた。3曲の調性が同じ「変ホ長調」というのも面白い。
「第10番」を作曲した時期は戦乱の外的要因もありベートーヴェンの心も動揺していたとされる。しかし個人的な恋愛感情に包まれる状況も曲に反映しているようにも感じた。激しい感情の揺れがなく透明で安らかな表情が感じ取れる曲になっていた。
「ハープ」の呼称が付いているがピッツイカートによる演奏法がハープの音に似ていることから付いているように思えた。

客席後方は埋まっていないようだったが、カルテットが大好きな聴衆の集まりで曲への集中度が高くて、演奏終了後のマナーも控えめながらも拍手に心が籠っていて良い演奏会となった。カーテンコールが続いて、アンコール曲も2つの楽章。「ハイドン:弦楽四重奏曲 第66番 ト長調 作品77-1 第3楽章」と「同曲 第2楽章」。

※Kitaraは1997年開館で来年20周年を迎える。開館当初より自主運営事業で〈古楽演奏〉や〈弦楽四重奏シリーズ〉を主催して独自のプログラムを展開してきている。
今回のブラジャーク四重奏団の招聘も画期的な事業で、第2夜はロータス・カルテットの山碕智子を加えての弦楽五重奏曲を含む演奏会。「音楽の友コンサート・ガイド」によれば12月2日~9日まで神奈川、東京、京都、大阪でもこのカルテットのコンサートが組まれている。Kitaraが発信して他に広がっているのだとすると嬉しいことだと思う。

クァルテット・エクセルシオ 第9回札幌定期演奏会

Quartet Excelsiorは2008年以来、札幌で定期的に演奏会を開催するようになった。前回は第1ヴァイオリンの西野の休演のため弦楽三重奏団としての演奏会となった。ただし、近藤嘉宏をゲストに迎えてピアノ四重奏曲が聴けて良かった。
今年は西野も復帰して、結成23目の活動でサントリーホールではベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏を完遂し、ドイツ公演も大成功だったという。ドイツの音楽祭には20名ものファンが同行したというから凄い。

2016年11月22日(火) 19時開演  札幌コンサートホールKitara小ホール

〈出演〉 ヴァイオリン/ 西野ゆか、 山田百子
      ヴィオラ/ 吉田有紀子、  チェロ/ 大友 肇
〈Program〉
 ハイドン:弦楽四重奏曲 第81番 ト長調 作品77-1
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第11番 「セリオーソ」 作品95
 メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 第5番 変ホ長調 作品44-3

ハイドンは生涯で全68曲の弦楽四重奏曲を残した。「皇帝」が有名でCDでも所有している。ハイドンの作品はPMFでウィ―ン・フィル弦楽四重奏団が演奏会に取り上げることが多い。今年のPMFでも「ハイドン:弦楽四重奏曲 作品77-2 “雲がゆくまで待とう”」が演奏された。
ハイドンの曲は明るい曲が多い。この曲も明るい行進曲で幕を開け、ハンガリーの流行歌やクロアチア民謡も用いられていると解説には書かれていた。第1ヴァイオリンの活躍が目立った。

ベート―ヴェンの弦楽四重奏曲は演奏会で聴く機会が断然多い。全17曲の中でアルバン・ベルク四重奏団、スメタナ四重奏団のCDを多く所有している。タイトルのある曲は聴きやすく、特に「セリオーソ」は第4楽章のメロディが親しみやすい。20分程度の曲で気軽に聴くには長さも適当である。ハイドンとは曲の重みが全然違う。ベートーヴェンの内なる声が聞こえる。

メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲を聴くことはめったにない。そういう意味ではいろいろな作曲家の曲を耳にする良い機会となった。彼の2つの交響曲やヴァイオリン協奏曲は充分に親しんでいる。室内楽曲でチェロソナタ第2番はマイスキー演奏のCDがあって心地よく聴ける。ロマン派の大作曲家としては特定の曲以外はあまり演奏会で取り上げられていないかなとふと思った。

クァルテットの定期演奏会を毎回多くの聴衆に聴いてもらうのはやはり難しいのだなと感じた。もう少し客が入ってくれればもっと盛り上がる気がした。
北星学園大学、同短期大学の学生たちの姿が多くみられた。クァルテット・エクセルシオはNPO法人を目指してアウトリーチ活動も行って室内楽文化の普及振興にも努めているそうである。

アンコール曲は「シューマン:トロイメライ」(弦楽四重奏版)

室内楽の夕べ(内田&MCOのメンバー)

内田光子が2001年12月、Kitaraのステージに初登場した時のコンサートのタイトルが『室内楽の夕べ』であった。その時はリサイタルなら良かったのにと思ったものだ。この時は自分が苦手とする現代作曲家のシェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」が曲目の一つだったのは今でも忘れない。他の演奏曲は覚えていなかったが、当時のプログラムによると「モーツァルト:ピアノ協奏曲第12番(弦楽四重奏版)」、ハイドン:弦楽四重奏曲第35番」。

内田光子withマーラー・チェンバー・オーケストラ(MCO)による『室内楽の夕べ』が今回の日本ツアー札幌公演の最後を飾った。

2016年10月31日(月) 19:00開演  札幌コンサートホールKitara小ホール

〈Program〉
 モーツァルト:フルート四重奏曲 第1番 ニ長調 K285
 武満 徹:アントゥル=タン~オーボエと弦楽四重奏のための
 シューベルト:華麗なるロンド ロ短調 D895
 メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲 変ホ長調 作品20

『室内楽夕べ』 出演者 (Musicians of the Chamber Music Concert)
 Piano:内田光子(Mitsuko Uchida)
 Flute:キアラ・トネッリ(Chiara Tonelli)、Oboe:吉井瑞穂(Mizuho Yoshii-Smith)
 Volin:イタマール・ゾルマン(Itamar Zorman)、シンディ・アルプラハト(Cindy Albracht)、エンヤ・ゼムラー(Henja Semmler)、ソーニャ・シュタルケ(Sonja Starke)
 Viola:ジョエル・ハンター(Joel Hunter)、フロラン・ブルモン(Florent Bremond)
 Violoncello:クリストフ・モリン(Christophe Morin)、
         フィリップ・フォン・シュタイネッカー(Philipp von Steinaecker)

今夜のプログラムで比較的に親しんでいる曲は「フルート四重奏曲」だけである。ジェームズ・ゴールウェイ&東京クヮルテットのCDで良く聴いたものである。最近は耳にしていなくて今朝しばらくぶりで聴いて懐かしい思いだった。
編成はフルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ。第1楽章はアレグロで主題はいずれもフルートが提示により、ソナタ形式。第2楽章はアダージョで3部形式。弦楽器がピッチカートで伴奏。悲壮感が漂う緩徐楽章。第3楽章はロンドー。ロンド形式で華麗なフィナーレ。

今年はモーツァルトの生誕260年だったが、日本の作曲家として西欧でも演奏機会の多い武満は2016年は没20年の記念年である。ブログラムの解説によると、作品はイーストマン音楽院の委嘱で1986年に作曲された。この曲は詩集からインスピレーションを得て、「鳥の主題」の緩やかな旋律を奏でて聴く者の空想を広げる感じがした。吉井は世界で活躍するオーボエ奏者として知られるが、聴衆の期待にたがわぬ素晴らしい演奏であった。武満の作品は何曲か聴いているが、こんなに魅力あふれる曲と出会ったのは初めてと思うような強烈な印象を受けた。聴く者の心に響くオーボエ演奏に感動した聴衆の反応はひと際目立った。

内田は“シューベルト弾き”と呼ばれる時代もあった。今夜はピアノとヴァイオリンのための小品が取り上げられた。彼の亡くなる2年前の作品。単一楽章で書かれた長大な曲。ロ短調の悲劇的な幕開けから華麗なロ長調のロンドへ。更にテンポが速くなって壮大なコーダ。ヴァイオリンの技巧的な演奏が華やかで協奏曲の様相を呈してピアノとの対話が印象的であった。シューベルトのヴァイオリン曲は今まで聴いたことが無かった。シューベルトの作品とは思えないような激しいリズムと華麗な曲を楽しく聴けた。
イスラエル出身のゾルマンは魅力的な演奏で聴衆の心を掴んだ。内田が譜めくりスト用の椅子に座って彼にアンコール曲の演奏を促した。イタマール・ゾルマンはMCOのコンサートマスターに抜擢された新進気鋭のヴァイオリニストかなと思った。30代前後の若くて初々しい印象を受けた。アンコール曲は「バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第3番より“ラルゴ”」。

最後を飾ったメンデルスゾーンの曲は彼が16歳の時に書いた作品。楽器編成はヴァイオリン4、ヴィオラ2、チェロ2。4楽章構成の大曲。室内楽と言っても交響的なスケールを持ち、流麗で豊かな色彩感と幻想的なロマン溢れる曲となっている。7年後の1832年に補筆、改定が施されているというが、若さが横溢する曲として満足感を味わえた。
メンデルスゾーンは恵まれた家庭環境で子供時代を過ごし、8歳でピアノと作曲を習い、9歳で演奏会を開いて天才ぶりを示したという。17歳の時に、かの有名な「真夏の世の夢 序曲」を作曲したことは知っていたが、この「弦楽八重奏曲」の演奏を聴いて改めて彼が天才肌の音楽家であったことを再認識した。
曲の素晴らしさを伝えるMCOのメンバーの質の高さにも魅せられた。何度ものカーテンコールに応えてアンコールに第3楽章を再び演奏した。

今夜の小ホールはほぼ満席で札幌公演の最後を飾るにふさわしい盛況となった。
尚、昨日の内田光子のアンコール曲は「モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番より 第2楽章 “アンダンテ・カンタービレ”」。


   
プロフィール

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR