スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棟方志功(MUNAKATA SHIKO)展

昨年はゴッホ展を観る機会を得たが、今回は棟方志功展の鑑賞で北海道近代美術館へ出かけた。棟方が18歳の時にゴッホの「向日葵」を見て感動し、“わだば、ゴッホになる”と決意して青森から上京したという話で、前回の美術展との繋がりも味わえた。

私が棟方志功の名を知り、本人の講演を聴いたのは、彼がヴェネツィア・ビエンナーレ展で国際版画大賞を受賞(1956年)して高校の文化講演会に来校した時であった。60年以上も前のことであるが、講堂の演壇から部厚い眼鏡をかけた小柄の人物の姿は今でも瞼に浮かべることができる。残念ながら講演の内容はほとんど覚えていないが、視力が良くない状況で繊細な木彫りの作業を通して版画を作り上げてグランプリに輝いたという偉業は伝わっていた。当時の珍しい言葉“ビエンナーレ”も印象的で、ずっと頭の隅にあった。2年に一度というイタリア語で、3年に一度はトリアンナーレということも後で解るようになった。

今迄、ニューヨークの近代美術館や英国博物館などで棟方志功の作品を観ることもあったが、今回のような74作品、およそ350点もの大々的な展示物の公開は珍しい。
STV創立60周年・STVラジオ開局55周年記念美術展で2月3日より3月25日までの開催。 会期後半や土・日は混み合うことが予想されるので、2月中の平日に鑑賞しようと計画した。

棟方志功と言えば版画(*本人は木を使い、木の魂というイメージを得て途中から「板画」と書いている)だが、油絵から入って板画に転向した。初期の油絵5作品のほかに、晩年のひまわりの油絵「太陽花」(*花瓶は黄・青・真赤・黒・瑠璃の5色)も過去の自分を振り返った作品として興味深かった。

棟方の版画は菩薩など宗教をテーマにした作品、岡本かの子や吉井勇、宮沢賢治などの詩歌を使って絵と組み合わせたユニークな作品もあり、時代によって作品の変化がある。谷崎潤一郎の《鍵》の挿絵を担当した当時の60点の作品は意外だった。仏像や詩などから人生の奥深さを学び取って作品に仕上げている姿が解って、棟方の芸術を追求する心の豊かさを感じ取ることができて素晴らしいと思った。ただ単に、ユニークな版画の作品を通して「世界のムナカタ」として高い評価を受けたのではないと感じた。

彼の戦後の作品で女人が多いが、顔立ちがふっくらとして、切れ長の目で、鼻筋が通っていて、口が小さいのが魅力的である。1959年にアメリカに渡った時のいくつかの作品で絵の中に英語が書かれているのも面白かった。1967年に描かれた「ニューヨーク近代美術館図」、「グリニッチビレッジ図」、「ハドソン河」が1967年制作となっていたのに感慨を覚えた(*この年に私はニューヨークに1週間滞在して市内を隈なく歩き回った。1967年は彼の2度目の紐育訪問では無くて、たぶん前回のスケッチを参考にして後で描いたのかもしれない)。観光で訪れた場所を芸術で表現できる才能が普通の人間とは違うとつくづく思った。
1959年には船でアメリカと同時にヨーロッパの各地も回ったようだ。1963年制作の板画「歓喜自画像の柵」には自画像に加えて、主に片仮名を用いて“ゴッホ エヲカキ二デル”や“ベートーべン 讃 ヨロコビノウタ”の字も入っていた(*かなり、注意をして見ないと判らない)。こういう細かい点まで見て回れたが、混雑している場合はたぶん気が付かない。興味のある人にはお勧めの小品。

全74作品の中には全長約27メートルの板画や全長約17メートルの絵巻物もあった。物凄いエネルギーが無いと、こんな巨大な作品は出来ない。「柵」という字が使われている作品が多いが、四国巡礼の際に首に下げる寺々へ納める廻札の意味で、自分の願いと信念を寺に納めていくそうである。こういう解説がないと「柵」の意味も簡単には理解できない。「板画」、「柵」にも画家独特の意味が込められているのを知った。

還暦を迎えてからは故郷への想いが強くなり、数多くの「望郷の作品群」が作られた。70年代の初めには北海道も訪れて、「北大構内並木図」の油絵や「厚岸港図」などの珍しい小品も展示されている。
力強いダイナミックな書も3点あったが驚いた。芸術家の幅の広さと能力の高さを感じた。

1時間の鑑賞の後に、椅子に座れる時間もあって休憩も取れて、13時から15時まで2時間たっぷり充実した美術展鑑賞ができた。美術展の会期も後半に入るが勤務時間の関係で土日しか時間が取れない人は止むを得ないが、時間に余裕のある人は会期末にならない平日に鑑賞するようにお勧めしたい。
スポンサーサイト

天彗社(書道)創立50周年記念展&北海道美術50

芸術としての書道の分野において北海道だけでなく全国的に有名な書家、中野北溟先生が札幌に書道芸術の普及に「天彗社」を創立してから50年を迎えての記念展。道内と本州の会員約220名が出品しての50周年記念展は結果的に詩文が中心であったが、それだけに素人にも親しみやすい作品が非常に多かった。文学性豊かな詩文と重厚な筆のタッチで洗練された感覚で書き上げられた数々の作品は普段の書道展と趣を異にしていて面白かった。
北海道書道展などが行われる会場とは違って、美術展開催の会場は広さだけでなく、展示室の雰囲気に独特のものがある。同じ詩文でも比較的に字が読めやすく、字体にも墨の濃さにも変化があって様々な作品の中に書家の個性が感じられて良い鑑賞が出来た。

見応えのある作品を鑑賞するのには、途中で腰を下ろす椅子があると楽である。美術展鑑賞の際には休憩をとるのだが、座るところが無くて、脚が痛くて不便を感じた。今日は妻が会場の当番の日で係に話してみると言っていた。(*書展は29日まで、入場無料) 

※天彗社中の中野会長は現在94歳であるが、品よく齢を重ね、書に対する情熱は人並みではない。昨年一度市民ギャラリーでお会いしたことがあるが、先生に教えを受ける妻から耳にする言動は書道の伝道師の姿を彷彿とさせる。90歳を超えても、教室を開講し、東京にも頻繁に一人で出かけて書道に邁進して生きる姿には驚嘆するばかりである。
札幌交響楽団定期演奏会のプログラムの表紙には毎回美術作品が使われているが、第600回記念演奏会の表紙には中野北溟先生が札響35周年記念に札響に寄贈した作品が載せられていた。この作品を6月の定期公演の際にKitaraのホワイエで見た方もおられると思う。

近代美術館には常設展があり、前回のゴッホ展の折にもサッと鑑賞しておいた。今日は少し丁寧に鑑賞してみた。
この美術館は開館40周年記念に《近美コレクション第Ⅱ期名品選》を展示していた。コレクションは現在5,000点を越えたという。今年は北海道立美術館の開館から50周年に当たるということもあり、今回の常設展は北海道美術50【Fifty Masterpieces of Art from Hokkaido.】として名作の解説が載せられていて作品鑑賞の参考になった。

主な作品は片岡球子「阿波風景」(1963)、神田日勝「室内風景」(1970)、岩橋英遠「憂北の人」(1970-79)、林竹治郎「朝の祈り」(1906)、田辺三重松「昭和新山」(1971)、砂澤ビッキ「風」(1988)、中原悌二郎「若きカフカス人」(1919)など。
江戸後期から現代までの日本画、油彩画、版画、彫刻などの名品が紹介されていた。北海道立近代美術館および北海道立三岸好太郎美術館のコレクションの中から、北海道ゆかりの作品50点を選んで、見どころや作品にまつわる秘密などを盛り込んで紹介する書籍が出版されるそうである。

中学校時代の苦手な科目は美術だったが、国内外の旅行では美術館は好んで旅程に入れる。絵を描くのは不得手であるが鑑賞は好きである。来年の近代美術館で開催される《棟方志功展》の前売券も既に手に入れている。棟方志功自身が私の高校1年時の文化祭の講演者であったことは一生忘れ難い思い出でもある。ニューヨークのメトロポリタン美術館でも棟方志功の作品を目にして驚いたものだが、彼の作品を世界の博物館、美術館で見るのも当たり前になった。それでも日本で数百点もの作品を見れるのは今から凄く楽しみである。

ゴッホ展 Van Gogh & Japan [北海道立近代美術館開館40周年記念] 

前回、道立近代美術館でゴッホ展が開催されたのが2002年だった。今回は15年ぶりの開催で1ヶ月半に亘る展覧会も終了まで10日ほどになった。午前中の時計台ボランティア活動を終えて、午後に近代美術館に出かけた。
北海道新聞社創業130周年記念事業ということもあって時計台の近くの本社ビルにゴッホ展の強大なポスターが4月から宣伝用に張られていた。5月から始まった時計台での活動日に、ある外国人が“外に画家の絵が掲げられているが何かあるのか?”と尋ねてきて、その時は何のことか直ぐに分からなかった。その外国人がオランダ人だと分かって、後からゴッホの絵のことかと判明した。そんなわけで日本の影響を受けて描かれたゴッホの「寝室」という作品を知った。

前売り券を買っていたが、今日は当日券を求める人が美術館の前で列をなしていた。今までに見たこともないほどの人々の行列にゴッホ人気はやはり凄いと思った。
中に入るとかなりの混雑ぶり。春の《大原美術館展Ⅱ》も有名な画家の作品が展示されていたが、ゴッホの作品を中心にした展覧会の人気は一段と賑わう。前回のゴッホ展は28万人が観覧したという。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの名も今回は多分オランダ語読みでフィンセント・ファン・ゴッホと表示されていた。1番目の作品が有名な「自画像」。前回も展示されていた同じ自画像だが今回のタイトルは「画家としての自画像」(*前回は「麦藁帽子を被った自画像」)。1887年の作品で油彩が生き生きとして130年前に書かれたと思えないほがどの新鮮さに感動! 

今回は日本の浮世絵と出遭って描かれた「花魁」も目を惹いた。歌川広重の「東海道五十三次」、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」などの作品も展示されていたが、日本の浮世絵画家から受けた作品に具体的な解説がついていて一段と興味を増した。
「雪景色」は初めて目にしたが、ゴッホの作品とは思えないような作風。「花咲くアーモンドの木」、「麦畑」は前回も出ていたようだが、遠近感なども取り入れて日本の夢を追っていたゴッホが身近に感じ取れたのは良かった。

ゴッホの死後に、彼の作品に憧れていた日本の芸術家たちがゴッホ巡礼を行った様子が葉書、写真などの形で展示されていた。混雑の中で細かい字で書かれた資料を読むのは避けた。

以前より美術館に通う回数は減った。午前、午後とスケジュールが続くと疲労感が増すのは加齢のせいで止むを得ない。昨日、来年3月来日するニューヨーク・フィルのコンサートのチケットを申し込み、今日は帰りにセブン・イレブンで発券してもらって心も一気に軽くなった。

札幌国際芸術祭2014

札幌初の国際的なアートフェスティバルである「札幌国際芸術祭2014」は「都市と自然」をテーマに7月19日から9月28日まで開催されている。
札幌駅前通り地下歩行空間や札幌大通地下ギャラリー500m美術館における企画展示は7月下旬に一応鑑賞を済ませていた。有料の鑑賞チケットが必要な美術館の前売券は7月中旬に購入していた。

8月1日に北海道立近代美術館に出かけたが、最も印象的な展示作品はインドの作家によるものであった。高さ5mに及ぶ作品(2008年製作)は、インドで使われる鍋や皿などを組み合わせたもので、スケールが途轍もなく大きくて凄い迫力があった。
日本人5人、外国人3人の作品が展示されていたが、雪の結晶で有名な中谷宇吉郎の火花放電の写真展示は意外性があった。

このところ札幌は好天が続いている。今朝も目覚めると温かい日の光が差し込んでいて、札幌芸術の森美術館へ出かける気分になった。PMF音楽祭では真駒内駅と芸術の森まで臨時バスが多く出るので時間を気にしないで出かけていた。平日のバス時刻表を前夜インターネットで調べていたら、運行本数が意外に多くて便利なことが判った。

平日で来館者が少ないことを予想していたが、小学生の団体見学と行き違った。見学がかち合うことはなくて、ゆっくり鑑賞できたが、急に暗い空間に入ったり、狭い通路を歩いたりとか、混雑したら大変という展示場所もあった。
アイヌの彫刻家、砂澤ビッキの2つの作品が入館者を迎えてくれた。他は現代の日本人芸術家6人、外国人アーティスト3人の出品作。興味深い展示作品が多くて予想以上に面白かった。特に印象に残ったのは3種類のクモが作り出した巣の展示。真っ暗な部屋でライトに照らされて輝く緻密な構造物が不思議な空間作り上げていた。クモの巣が美しい素材になるとは思いもよらなかった。

札幌芸術の森に有島武郎旧邸が復元されたのが昭和61年(1986年)。有島武郎は大正2年(1913年)に北12条西3丁目に自邸を新築した。昭和28年(1953年)に北28条の大学村に移築され、昭和35年から北海道大学の「有島寮」として利用された。その年に私は友人とその場所を訪れたことがある。芸術の森に復元されてから、PMFの会場になる前に有島武郎旧邸の中に入った。その後も二度は訪れたことがあると思うが、今回は旧邸内で国際芸術祭に関わる作品展示もあったので久しぶりに訪れてみた。

札幌市時計台のボランティアをしていて、札幌農学校の19期生として館内に有島武郎の写真もあるので、今回は今までより関心も深まって時間をかけて有島旧邸を見学した。熱心なボランティアから初めて耳にすることもあった。有島が農学校に入学した理由の一つが明確になった。新渡戸稲造を慕って入学したことは知っていたが、親戚同士とは知らなかったのである。以前に訪れてから10年以上も経っていたが、写真に収めた外壁の赤褐色ペイントは前の印象と違っていた。(大正時代にこのような色に塗られていたことがあって途中で復元作業が行われたらしい。)
IMG_1299 (300x225)

芸術の森を訪れたのを機に野外美術館にも入ってみた。昨年、十数年ぶりに入ってみた野外美術館で新しい作品群を目にしたが、全部を観て廻る時間がなかった。季節や時間帯によって彫刻の表情も違うが、開館当初から比べると作品も随分増えた。作品が自然にさらされて倒れたり、さびたりしている。砂澤ビッキの「四つの風」が2本倒れているのに少々衝撃を受けた。今年はついに1本になってしまっていた。彫刻家の意志で土に還るのを待つようである。
ノルウェーの彫刻家、ヴィーゲランの5点の作品はいつ観ても素晴らしい。今回も74ある彫刻のうち半分くらい観ただけだが、違った季節にまた訪れたいと思った。
国際芸術祭に際してのプログラムに参加して、臨時に設置された数十メートルの長さの踏み板の上を先端を目がけて歩いてみた。高所恐怖症の人は挑戦出来ないかもしれない。年齢を訊かれて、“今迄の参加者の中で最高齢でしょう”と言われて、記念に写真に納まった。
  IMG_1301 (225x300)  IMG_1302 (300x225)
写真右は野外美術館のシンボルレリーフで1986年の開館の折に制作された作品。この作品は館内に入らなくても芸術の森を訪れる人々の目に入るところにある。逆光で写真の出来映えが良くないが、前面が池になっている。

地下鉄・バスを乗り継いで要領よく利用すると、気軽に芸術の森に来れるのを実感した。四季折々の変化に富む自然を楽しみながら、芸術作品に接し都市での芸術鑑賞とは違う角度からいろいろな幅広い文化を享受できる空間でもある。
札幌国際芸術祭も今回で終わるだけでなく今後の開催が期待されるタイトルになっている。

後期高齢者になってもあちこちに足を運んでいるが、自分の気持ち次第でもっと遠くへ踏み出す意欲を感じ取れた。今までしばしば通っていた場所も含めて、億劫にならないで新たな行動範囲を更に広げていこうかなと考えるきっかけになった。

  
プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。