PMF2016 オープニング・コンサート

札幌の夏を彩るクラシックの祭典PMF(Pacific Music Festival)が始まった。今年で第27回目のフェスティバルになるが昨年から恒例のセレモニーが無くなって正味2時間の中身のあるコンサート。

会場の札幌芸術の森には地下鉄とバスを利用して出かけた。シャトルバスの中で思いがけないことがあった。バスに乗って立っていた時にかなり離れた席に座っていた外国人と思われる女性が合図してきて“どうぞ”と言って席を譲ってくれた。しばらくして日本語と英語で“話しかけてもよろしいですか?”と声を掛けた。オーストリアのヴァイオリニストだった。ウィ-ン・フィルのキュッヒル、シュトイデ、フロシャウアーさんらの名を上げたら、フロシャウアーさんは彼女の友人だという。1990年からPMFを楽しんでいると話すと、“バーンスタインを見たことあるの?”と確認して羨ましそうだった。今回の来札は3度目になるという。音楽の話しで10分ほどの時間がアッという間に過ぎた。Annaさんは日本語も解るようだったので下車するときに日本語で再度お礼の言葉を述べて別れた。

コンサートの前に気持ちが明るくなる出会いがあって良かった。ピクニックコンサートでは時には寝転んで気軽に聞ける芝生席を好んでいる。オープニングコンサートでは雨の心配もあって招待席の椅子席で鑑賞するのが常である。出演者がまじかに見えて違う鑑賞の仕方が出来る。

2016年7月16日(土) 13:00開演  札幌芸術の森 野外ステージ

出演/ ウィーン・フィル弦楽器奏者4名、ベルリン・フィル木管楽器奏者5名、
    原田慶太楼(指揮)、PMFオーケストラ、新井田有希子(司会)
〈Program〉
 ハイドン:弦楽四重奏曲 ヘ長調 作品77-2「雲がゆくまで待とう」
 モーツァルト(シェーファー編):歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」によるハルモニームジ―クから 〔木管五重奏版〕
 ドビュッシー(リンケルマン編):「子どもの領分」から 〔木管五重奏版〕
 ピアソラ(シェーファー編):「タンゴの歴史」から 〔木管五重奏版〕
 バーンスタイン:「キャンディード」序曲
 ドビュッシー:交響詩「海」から第2楽章 「波の戯れ」
 ワーグナー:歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
 ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲

PMFヨーロッパとPMFオーケストラメンバーによるファンファーレで華やかに開幕。司会者がPMF教授陣をステージで紹介した後、直ちにコンサートが始まった。

ハイドンの弦楽四重奏曲は《PMFウィーン弦楽四重奏演奏会》の曲目からの1曲。タイトルも興味深く野外で空を見ながら鑑賞できて面白かった。演奏後にコントラバス奏者が加わってアンコール曲として「チャイコフスキー:ワルツ」が演奏され心が躍るような雰囲気に包まれた。 

《PMFベルリン演奏会」のプログラムから3人の作曲家の作品の木管五重奏版。歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」は「序曲」を含め馴染みのメロディの5曲。ピアノ組曲「子供の領分」の木管五重奏版はとても面白かった。特に「ゴリウォーグのケークウォ―ク」は印象が強烈で原曲よりも面白いと思った。2月のKitara公演を聴き逃していたオーボエのジョナサン・ケリーに注目した。ホルンのサラ・ウィリスは相変わらず楽しい雰囲気を振りまいて皆をまとめている。

オーケストラの演奏前にトイレタイムを取って、司会者が指揮者にインタヴュー。原田慶太楼(Keitaro Harada)は2011年PMFコンダクティング・アカデミーに参加。その後、研鑽を積み2015年シンシナチ響のアソシエイト・コンダクターに就任。アメリカを拠点にして活動を続け、11年にはオペラ・デビュー。14年には新日本フィルに客演。
大植英次、佐渡裕などPMFに携わって世界的に活躍している指揮者がいるが、現在の日本の若手指揮者として活躍中の川瀬賢太郎は07-09年PMFでアシスタント・コンダクターを務めた。

《PMFオーケストラ演奏会〈プログラムA〉》の演奏曲を含め4曲が演奏された。原田は勢いのある勇ましい音楽が得意らしく、身体全体を大きく使って若手らしい表情豊かなダイナミックな指揮ぶり。バーンスタインへの想いがこもった指揮ぶりにオーケストラも応えて現代名曲の演奏に新鮮味があった。序曲は2曲ともドラマティックで壮大な音楽で開幕を飾るに相応しい迫力のあるコンサートを締めくくった。

曇り空を吹き飛ばすような力強い演奏に芸術の森を埋めた数千名の聴衆からブラヴォーの声が湧き上がって空に広がった。
スポンサーサイト

ピクニックコンサート PMF2015

ピクニックコンサート
≪レナード・バーンスタイン・メモリアル・コンサート≫

GALA コンサートとピクニックコンサートを2日続けて鑑賞するのは昨年に続いて2度目である。指揮者に魅せられているのと、好天気の下で野外コンサートを楽しめるのは特別なものがあるからである。

2015年8月2日(日) 12:00正午~   札幌芸術の森野外ステージ

会場までの交通渋滞で第1部の開始時刻に間に合わずに12時半過ぎから鑑賞。第Ⅰ部は前日といくつか違ったプログラムが入ったが、第2部は全く同じプログラム。
 
室内楽の演目が前日より増えた。前日の「プーランク:六重奏曲」、「モーツァルト:ディヴェルティメント第17番」の他に演奏された曲目は「シューベルト:ピアノ五重奏曲 “ます”から第4、5楽章」、「マルティーヌ:九重奏曲」、と「トランペット四重奏曲(*作曲者?)」。
前日の「PMFヴォーカル・アカデミー・メンバーによるオペラアリア」の他に「ヴェルディ:歌劇《リゴレット》から四重唱“美しい恋の乙女よ”ほかが歌われた。オペラの実演でないと聴く機会が極めて稀な四重唱は観客にはとても受けたプログラム。
ガラ・コンサートで歌われた独唱曲が入場時に「本日のプログラム」として曲目が載っていた。
天羽はオペラのテーマの99%は「恋」と語って、歌劇「リゴレット」のあらすじを4人の出演者の役どころに絞って巧みに説明した。四重唱の鑑賞に役立つ解説は観客の興味を惹きつけてステージの演唱を面白くした。

前半の最後のプログラム「PMF賛歌」の合唱は約50名の祝祭合唱団と椅子席・芝生席を埋めた数千人の観客が比較的まとまった印象で昨年より盛り上がった感じ。Kitaraと野外ステージでは鑑賞態度や会場の雰囲気も違うが、とにかく司会者・指導者の天羽も今日の「賛歌」の方でより充実感を味わったように思えた。
ゲルギエフが黑のTシャツ姿でステージに登場した時の観客の囃し立て(たぶん教授陣?)や拍手喝采は彼の人気ぶりを表していた。
昨年ほどの猛暑ではなかったが、今年も好天に恵まれて来場者も多くて、森の会場の周囲には各々の家族が用意した色鮮やかなテントがビッシリと張られていた。ステージに登場する出演者も揃いの黒のTシャツを着用してリラックスした雰囲気。

第2部のプログラムは『PMFオーケストラ演奏会 プログラムC』
 ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲
 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
 ショスタコーヴィチ:交響曲 第10番 ホ短調 作品93
 
昨日と違うのはショスタコーヴィチの曲もPMFオーケストラのみでの演奏であった。

前半もそうであるが、後半は特に芝生に横になって寝転んだりして聴いた。ただ、マスレエフ演奏のラフマニノフの曲は座って第1楽章から第3楽章まで集中して耳を傾けた。西日になって照りつける太陽で少し風も出てきた中でのピアノ演奏。ステージに陰りが出てきた中での力強い演奏に会場を埋めた人々の集中力はピクニックコンサートではありえない程の高まりであった。カラスの鳴き声がピアノと共演する状況にも人々の集中力は変わらなかった。演奏終了後の客の拍手大喝采と引き続いてのアンコール曲の披露。何とも言えない満足感は昨日とは違うもの。

子どもの集中力にも感心したが、後ろに座った若い女性二人が、「ウイリアム・テル」が始まったころから、寝転んで聴いていた曲の初めから演奏中に会話を始めていた。どうも幼稚園か保育園での仕事に携わっている様子。ピアノ曲が始まって顔を後ろに向けてそれとなく、注意を促したつもりだった。直ぐに効き目が表れなかったようだが、そのうち会場の人々の集中力に気付いたのか話が止んだ、第3楽章の途中で我慢できなくてまた話し声がして、そのうち一人が場を離れて行った。こんな人も中にいても不思議ではない世の中だが、こんな人が子育てに関わっていることに不安を感じた。

昨年と同じく妻と一緒に出かけて、いつものように野外コンサートならではの楽しみ方ができたが、上記の出来事が残念であった。ショスタコーヴィチは教授陣がいなくても、それなりの仕上がりの演奏だった。聴き慣れない曲の演奏に聴衆も大喜びであった。ゲルギエフの指揮は手の動きが単調に見えるが、音楽への取り組み方や事前の曲の解釈などで奏者を惹きつける術に長けているのだと思う。ピクニックコンサートは18時半過ぎに無事終了した。ボランティアの皆さんご苦労様でした。

8月3日に横浜公演、4日に東京公演で今年の全公演が終了する。また、来年が楽しみである。





PMF2014 ピクニックコンサート 

Picnic Concert
〈レナード・バーンスタイン・メモリアル・コンサート〉

PMFピクニックコンサートには以前はよく通った。自家用車を持たない事にした5年前から地下鉄とバスで芸術の森に来るのが、天候や年齢の関係もあって少し大義になっていた。今日は3年ぶりのピクニックコンサート。好天にも恵まれて、妻と共に10時過ぎには家を出て会場に向かった。
昨年はPMFプログラムに9回参加したが、会場はすべてKitara。今年は10回のプログラムのうち、Kitaraが8回、芸術の森が2回となった。開会式&記念コンサートは椅子席を利用したが、以前から野外コンサートは芝生席で鑑賞するのが常であった。芝生に座ったり、寝転んだりして半日を過ごす醍醐味はピクニックコンサートならではの楽しみ方なのである。

2014年8月3日(日) 12:00noon-18:30p.m. 札幌芸術の森野外ステージ 
                  (レナード・バーンスタイン・メモリアル・ステージ)

PMFアカデミーのトランペット奏者によるファンファーレで開幕。

〈曲目〉
 モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
 レズニチェク:歌劇「ドンナ・ディアナ」序曲
 ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲
〈出演〉
 尾高忠明(指揮)、 札幌交響楽団

薄緑のTシャツを着た札響メンバーが、歌劇の序曲を威勢よく演奏。レズニチェクという作曲家の名も曲も知らなかった。初めて聴く曲であったが結構面白かった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ≪PMFアメリカのトークコンサート〉
〈曲目〉
 ブラームス:セレナード第2番 イ長調 作品16
 ストラヴィンスキー:プルチネルラ組曲
〈出演〉
 ダニエル・マツカワ(指揮)、 PMFアメリカ、 PMFオーケストラ・メンバー

PMFアメリカのコンサートが少なかったこともあって、1時間のプログラム。マツカワの日本語でのトークで始まった。「毎年、PMFアメリカはピクニックコンサートを楽しみにしている。世界中でつらいことがあるが、音楽が一番大切なものと思う。PMFでは世界中の音楽家が仲良くやっている。逃避しないで音楽を楽しんでください。」と話があって、曲が演奏された。

ストラヴィンスキー(1882-1971)のバレエ組曲「火の鳥」、「春の祭典」、「ペトルーシュカ」の3部作が有名。この3大バレエ音楽とは違って、バロック調の音楽作品になっているのが「プルチネルラ」。18世紀のバロック音楽に基づいていても、ストラヴィンスキーならではのオリジナリティが発揮され、変化に富んだリズミカルな曲。
この曲を聴いたアカデミー生から一人一人のPMFアメリカの教授に歓声が沸き起こっていた。
タイトルの「プルチネルラ」はナポリの4人の瓜二つの道化師。音楽は序曲と全8場から成る。数年前にこの曲を聴いてCDを買ったので覚えていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈曲目〉
 モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 K.138
 レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲
〈出演〉
 ダニエル・マツカワ(指揮)、 PMF弦楽アンサンブル

モーツァルトが16歳の時にザルツブルクで作った3曲のディヴェルティメントの1つ。ディヴェルティメントは普通は管楽器と弦楽器を組み合わせた編成で演奏され、多楽章構成。 3曲は3楽章構成で、楽器編成もヴァイオリン、ヴィオラとコントラバス。

レスピーギ(1879-1936)はイタリアの作曲家。彼の代表作は交響詩「ローマ三部作」で演奏される機会の多い人気曲。《リュートのための古風な舞曲とアリア》は第1組曲(1917)、第2組曲(1923)、第3組曲(1932)から成る。
第3組曲は弦楽器だけの編成。レスピーギは16世紀と17世紀の頃のリュートのための音楽を現代に復活させた。弦楽合奏の特質が生かされて、「イタリアーナ」、「シチリアーナ」のような美しい旋律が入った曲。数回、この曲をKitaraで聴いたことがある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
14:30pm.に始まった《ラフマニノフのヴォカリーズ》以降のプログラムは前日のガラ・コンサートと全く同じプログラム。

ホールに歌声が響くのとは違って、澄み切った青空と森の中に天羽の美しい天使のような声が消えていく感じは戸外で味わえる特別なもの。

14:40pm.からのブラス・アンサンブルは弦楽器の演奏と対照的な金管楽器の演奏とあって会場の雰囲気を変えた効果があった。小中高校生には特に気分転換になったのではないか。「リトル・ロシアン・サーカス」の組曲は前日の演奏時間の半分で15分間になった。組曲の数を時間の関係で減らしたのだろう。

25分間の休憩の後、15:20分から《東儀秀樹の笙と篳篥による演奏》。オーケストラをバックに日本の古代から伝わる楽器を使用して心に響く素晴らしい演奏を展開。東儀は昨日の演奏時に次のように述べていた。「現在の地球は病んでいる。でも地球の美しさは何時か戻ってくると確信している。」 その想いを曲にしたと言う:《地球よ優しくそこに浮かんでいてくれ(Dear Earth, Floating Gently Over There)》。シルクロードの旅を思い起こさせる実に美しい調べは天にも届きそうな感じがした。札幌芸術の森に拡がる音楽は空を伝わってはるか遠くの地球の何処かに優しく響き渡るのではと空想してみた。
“誰も寝てはならぬ”はトリノ・オリンピックのフィギュア・スケートで優勝した荒川静香選手が使った曲。“ヒチリキ”という邦楽器を使ってオーケストラと共に奏でる音は一層美しくどこまでも拡がっていった。1400年前から伝わる楽器を使っての曲に聴衆は大喜び。退場の際の東儀の投げキッスに一層大歓声が沸き起こった。

15:40pm.からナカリャコフの登場に会場は湧いた。一週間で3回も彼の演奏を聴いたことになるが何か幸せな気分。《「ヴェニスの謝肉祭」の主題による変奏曲》はトランペットの名曲になっていているようだ。昨年はホルンのバボラーク、今年はトランペットのナカリャコフを充分に堪能した。

司会者は東儀とナカリャコフの二人のイケメンに接してその演奏と共に彼らの姿にウットリしている様子は昨日と同様。二人とも確かに格好の良い容姿を保っていることは確かである。

私はマツカワの精力的な指揮ぶりに驚嘆した。12時40分から連続で3つのプログラムを2時間、15時20分から2つのプログラムの指揮を30分間に亘って続けた。本番に備えての練習時間も含めると大変なエネルギーを費やしたことになる。芸術家として本望だろうが、その労に感謝したい。
「指揮者としては全ての楽器の音に気を配るが、ファゴット奏者としては自分の楽器だけに集中する。」と前日のKitaraで司会者のインタビューに答えていた。

PMF賛歌の合唱に備えて、天羽の合唱指導。指揮者の佐渡の紹介があると会場から歓迎の大拍手。
北海道大学混声合唱団と会場に集まった数千名がオーケストラを伴っての賛歌を歌い上げた。

《PMFオーケストラ演奏会(プログラムC)》 

いよいよPMF2014の最終公演が16:30pm.からスタートした。
〈曲目〉
 バーンスタイン:「キャンディ―ド」序曲
 チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 作品33
 ショスタコーヴィチ:交響曲 第5番 ニ短調 作品47
〈出演〉
 佐渡裕(指揮)、セルゲイ・アントノフ(チェロ)、PMFオーケストラ

IMG_1289 (200x150) (8) IMG_1293 (200x150) (2) IMG_1295 (200x150)

札幌コンサートホールの座席で聴くのと、野外で芝生席から聴くのとは全く趣きが違って、極めて興味深い鑑賞の仕方を楽しんだ。昨日はRA席からステージを見下ろせて楽器編成や奏者の表情を観察しながらの鑑賞であった。今日は芝生席の真ん中の中央あたりの違った空間で、いろんな角度から鑑賞してみて、音の拡がりが感じられた。

横になったり、薄雲の陰から光り差す空を見上げながら聴いたのは何とも言えない清々しい気分であった。曲の一時的な暗さなど吹き飛んで明るく聴こえさえした。

PMFアメリカの教授陣やナカリャコフがショスタコーヴィチの曲が始まるころには芝生席に腰を下ろして鑑賞している姿も目に入った。

過去のピクニックコンサートでは終了時間が7時ぐらいで暗闇の中を家路に着いたが、今日は6時半前に終った。高齢者が増えてきて終了時間にも配慮する状況なのだろうと思った。

今年のPMFも無事終了。3週間余りの音楽祭をたっぷり楽しめて良かった。

PMF2014オープニング・セレモニー&コンサート

25回記念 PMF2014  レナード・バーンスタイン像 除幕式

記念すべき25回目となるPMF2014の開幕に先立って、中島公園内にPMF創設者を称えるため建立されたレナード・バーンスタイン像除幕式が行われた。

日時:2014年7月12日(土) 午前11時
場所:中島公園内(札幌コンサートホールKitara正面エントランスを臨む所)

〈式次第〉 ファンファーレ、 主催者挨拶、 来賓挨拶、 除幕、 ファンファーレ
       立像製作者挨拶(東京藝術大学学長 宮田亮平)
IMG_1273 (200x150)    IMG_1277 (150x200)   IMG_1280 (150x200)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
PMF Opening Ceremony & Concert

2014年7月12日(土) 13:00開演 札幌芸術の森・野外ステージ

司会:九嶋香奈枝(二期会)、 ニコラス・エイカーズ(PMF 組織委員会)

〈演奏曲目〉
 立原 勇:次世代のファンファーレ
 バーンスタイン:ウエストサイド・ストーリー・メドレー
〈出演〉
 指揮:杉木峯夫(東京藝術大学名誉教授、元札幌交響楽団トランペット奏者)
 250人のトランぺッター

札幌トランペット協会の協力で実現した壮大なプログラム。札幌交響楽団トランペット奏者やアカデミー生も出演。遠くは千葉から参加した9歳の少女と父親もいた。中高校生も含めた250名が僅か2日間の練習で作り上げた成果は驚嘆に値する。札幌市長が合唱が得意なのは承知していたが、ステ―ジの一番前で堂々とトランペットを吹く様子にはビックリ。その才能の豊かさに敬服。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 PMF組織委員会理事長 挨拶/ 開会宣言
 グランドパートナーズ代表 挨拶、 文化庁 挨拶
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ステージ準備の合間に〈平岸小学校マーチングバンド演奏〉のプログラムが挿入されたが、赤と白の鮮やかな衣装を身にまとっての行進を交えながらの見事な演奏は観客を惹きつけた。同時に約5000名の人々が駆け付けた会場が可愛い子どもたちの姿と動作を目にして和やかな雰囲気に包まれた。若い外国人グループからの熱狂的な応援も良かった。十数年前の開会式で鼓笛隊の演奏が行われていたことを思うと、小学生の音楽の進歩は驚異的である。

〈演奏曲目〉
 バーンスタイン:「キャンディード」序曲
 グノー:歌劇「ロメオとジュリエット」から“私は夢に生きたい”
 ベートーヴェン:「エグモント」序曲 作品84
〈出演〉
 オスモ・ヴァンスカ(指揮)、九嶋香奈枝(ソプラノ)、PMFオーケストラ

オスモ・ヴァンスカ(Osmo Vanska)は1953年、フィンランド生まれ。シベリウス音楽院でクラリネットと指揮法を学び、82年にブザンソン国際指揮者コンクールで日本の松尾葉子と優勝を分け合い、フィンランド・ラハティ交響楽団の首席指揮者に抜擢された。その後、アイスランド響、BBCスコティッシュ管の首席指揮者に就任。03年にアメリカのミネソタ管の音楽監督に就任(*大植英次の後任)。同管とのベートーヴェン交響曲全集の録音で世界的に高い評価を受けた。
ヴァンスカはラハティ響を率いて2度Kitaraのステージに登場。03年は「オール・シベリウス・プログラム」、06年もシベリウスの「交響曲第5番」や「交響詩・タピオラ」の演奏でフィンランドの巨匠のイメージが鮮明に焼き付いている。

ヴァンスカは年齢を重ねてオーラが漂うほどの雰囲気を漂わせて登場。躍動感あふれる指揮ぶりでオーケストラから力強い響きを引き出していた。「エグモント」序曲の演奏は一段と輝いていたが明日のKitara での響きが楽しみである。
九嶋は見事な司会進行を務めていたが、東京藝術大学卒で新国立劇場オペラ研修所修了だけあって、本職の歌唱力も素晴らしかった。05年にヨーロッパ・デビューも飾っていると言う。

PMFヨーロッパ教授陣は今回はウィーン・フィル、ミュンヘン・フィル、ベルリン・フィルの奏者たち。今回のアカデミー生は28の国と地域から122名が参加。

〈ベルリン・フィル・ブラスアンサンブルの演奏曲目〉
 
 ヘンデル(ワーグマン編):ヘンデルの作品による組曲

ヘンデル作曲の作品を3曲選んで組曲として演奏した。1曲終わるごとに拍手があったが、余り間をおかずに続けて演奏された。曲目の解説もなかったので、組曲の途中で2回も拍手が起きたのは止むを得なかった。10日のKitara大ホールでの緊迫感と集中力が聴く方の立場から少し途切れてしまったのが残念。ただ、大ホールと違った空間の響きで、音楽が自然の中に吸い込まれていく様子を楽しんだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
レナード・バーンスタイン・オフィス代表 挨拶
東京藝術大学学長 挨拶

PMF創設者バーンスタインに感謝をこめて立像を制作した東京藝術大学の宮田亮平学長が芸術家らしい心のこもった独特な挨拶を行なった。彼自身、芸術の森に来た数千人の聴衆を前に感極まった様子も見られた。午前中の除幕式は100名ほどの関係者や音楽ファンが集まっての式典であった。自分の言葉が多数の音楽ファンに素晴らしい通訳を通して伝わって一層感激した様子にうかがえた。学長の任にありながら第一線で彫刻家としての仕事を成し遂げられたことにも敬意を表したい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
〈演奏曲目〉
J.シュトラウスⅡ:ワルツ「春の声」 作品410(演奏/PMFヨーロッパ)

コンサートの最後を飾ったのがウイーン・フィル弦楽器奏者5名、ミュンヘン・フィル木管楽器奏者4名、ベルリン・フィル・ホルン奏者1名とアカデミー・ホルン奏者1名による「春の声」。
札幌芸術の森に響き渡る音に何とも言えない幸福感を味わった。コンサート・マスターのキュッヒル率いる演奏は名状しがたい美しさ。アカデミー生は緊張して演奏に臨んだだろうが彼にとって一生忘れえない人生の宝になったのではないかと想像する。
演奏終了後、椅子席の聴衆は全員総立ちでスタンディング・オヴェィション。日本では習慣の違いで、外国と違って頻繁に見られる光景ではない。世界に名高いkitaraのホールでも味わえないような素晴らしい瞬間を味わえただけでも、5年ぶりに開会式に来た甲斐があった。

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR