MM砲とON砲 ~長嶋茂雄の国民栄誉賞に際して思うこと

 5月5日に長嶋茂雄の国民栄誉賞表彰式がある。
読売巨人軍の盟友であった王貞治は国民栄誉賞の最初の受賞者(1977年)である。
長嶋の受賞は遅すぎたと思う人も多い。プロ野球選手として衣笠祥雄に次ぐ受賞。

 王、長嶋の現役時代のプロ野球は圧倒的な人気を誇っていた。「読売巨人」というチ―ムだけでなく、日本のプロ野球界の歴史に名を残す選手であった。彼らが現役の時、ON(オーエヌ)という言葉が使われ出した。どうしてONと呼ばれ出したのか、私の知識の範囲で書いてみたい。

 「巨人」というチーム名はアメリカの大リーグのチ-ム“The New York Giants”に由来する。当時、ニューヨークには「ヤンキース」と「ジャイアンツ」というチームがあった。本当はヤンキースのようなチームを目指したのかもしれないし、金に物を言わせて選手を獲得して優勝を宿命づけられている名門チームという点では、現在でも両チームには共通するものがある。しかし、アメリカ人を意味する“Yankees”をチーム名にすることはできずに、“Giants”としたのかも知れない。これは私の勝手な推測である。

 1960年代のニューヨーク・ヤンキースには3番打者ロジャー・マリス(Roger Maris)と4番打者ミッキー・マントル(Mickey Mantle)と言う強打者がいた。
マントルはスイッチ・ヒッターとして史上最多の536本塁打記録保持者である。1956年には三冠王になっている。マリスは1961年、61本の本塁打を打ち、ベーブ・ルース(Babe Ruth)のシーズン60本塁打の記録更新で世間を騒がす快挙を成し遂げた。日本でも大ニュースとなった。
 彼らは姓の頭文字をとってMM砲と呼ばれ、ともにヤンキースの主砲として活躍した。

 大リーグでしばしばマスコミで使われたMM砲に因んで、日本でもON砲という言葉が使われ出した。長嶋が3番、王が4番だった時期がかなりあるが、NO砲と言うより、語呂から言ってON(オーエヌ)と呼んだのだろう。実際の試合では王と長嶋を交互に4番にすることが多かったようだ。王が三冠王になった73年以降は3番長嶋、4番王の打順が多くなったのも当然である。
英語の“clean-up”は4番打者を意味する。(打順で3、4、5番を打つ強打者を日本の野球ではクリーン・アップ(トリオ)と言っているが和製英語である。)巨人では歴代4番打者の位置づけが大きな意味を持つので、長嶋を4番から外すのは決断が必要だったのではないか。いずれにしても、ほぼ同じ時代に活躍した二人はオーエヌの呼び名が相応しいと思う。
 
 ある程度の年輩者にとってONコンビは懐かしい言葉で、彼らは日本の野球界が生んだ名選手であり、いろいろな人々の人生に影響を与えた人物として、今回の長嶋茂雄の国民栄誉賞受賞は喜びたい。

脚注: ロジャー・マリスは1961年ベーブ・ルースが34年間保持していた年間最多本塁打記録を破ったことで一躍その名を世界に馳せたが、記録達成の試合数の違いもあって、その後一時期MLBでは重要な記録と見做されなかった。(1シーズン154試合制が1961年から現行の162試合制になった)。マリスは大記録達成にもかかわらず、人気が余りなくてヤンキース所属期間(1960~1966)も短かった。
 一方、ミッキー・マントルはヤンキースの生え抜きの選手で活躍期間(1951~1968)が長く、引退後すぐ背番号7が永久欠番になっている。マントルは確か1966か67年、大リーグ初の10万ドル・プレイヤーであった(当時1ドル360円)と記憶している。当時のアメリカの大学教授の給料が1万ドル程度であったと聞いている。50年ほど前のことであるが隔世の感がある。

 
スポンサーサイト

1960年の大リーグのチーム数は?

 2013年現在のアメリカの大リーグのチーム数は30である
ア・リーグ(American League) 15チームナ・リーグ(National League 15チーム
2リーグ共に東・中・西の3地区に分かれ、各地区は5チーム編成

 ナショナル・リーグは1876年に発足。アメリカン・リ-グの発足は1901年。
いろいろな歴史の変遷があったが、ここでは詳しいことは書かない。

 前回の野球に関するブログで書いたが、私が中学に入ったころ、投手では別所・藤本・杉下、野手では小鶴・山内・川上・青田などが活躍していて私は巨人ファンだった。当時の巨人は2番千葉、3番青田、4番川上の時代で監督は三原だった。高校時代では西鉄ライオンズの稲尾、中西、豊田の全盛時代で巨人と日本シリーズで争う頃にはもう巨人ファンではなくなっていた。ファンだった青田や三原が巨人から退団していたからである。

 大学3年の頃から英字新聞を読み始めて、日本の新聞とは違う報道に接した。報道姿勢の違う社説や記事に興味をもった。先ずスポーツ面では大リーグに関する記事は日本では一行も記事にはならなかった。取り敢えず、アメリカの大リーグの試合結果が報じられることが楽しみになった。

 現在の大リ-グの強豪チームであるサンフランシスコ・ジャイアンツ(San Francisco Giants)、ロサンゼルス・ドジャーズ(Los Angeles Dodgers)は、1957年まではそれぞれNew York Giants, Brooklyn Dodgers と言う名のチームでニューヨークが本拠地で、1958年から西海岸に本拠地を移したのです。
 当時のMajor League Baseball (MLB),大リーグのチーム数は各リーグ8チームの16チームでした。
1961年に2チームがア・リーグに加盟し、18チーム。(ダルビッシュの所属するTexas Rangersの加盟が1961年)
1962年に20チーム、1969年に24チームとなり、東西2地区に編成。その後、26、28チームに増えて、1993年に東・中・西3地区制になりました。 
1998年に2チームが加盟、計30チームに膨れ上がって現在に至っています。
 (ただし、昨年までナ・リ-グ西地区のHouston Astros がア・リーグ西地区に編成替えになった)

 先日、ダルビッシュが今シーズンの最初の登板でヒューストン・アストロズ相手に9回2死まで完全試合だったことを覚えている人は野球ファンでなくても数多くいると思います。同じテキサスを本拠地とするチームは別なリーグに属するのが普通でしょうが、各地区5チーム制にしてバランスをとることになったのだと思います。

 次回はONコンビの言葉の由来について書いてみることにします。

ダルビッシュ完全試合達成を逃す

Darvish was almost successful in a perfect game. 
 
 日本のプロ野球に続いて海の向こうのメジャーリ-グも開幕した。今日はダルビッシュの登板とあって楽しみにしてテレビ観戦した。

 初回から安定したピッチングで三振も多くてカットボールが有効であったようだ。5回にあわやホームランかと思われる打球があっただけで、それ以外は外野にも球が飛ばず三振か内野ゴロで安心して見ていれた。8回は相手チームの4・5・6番を二者三振で抑え、ダルビッシュ自身の大リーグでの三振記録自己新となる14個を記録。

 最終回に入ったところで、ワクワクしながらダルビッシュ宛にtwitterの準備開始(昨年12月にtwitterの登録をした時に4人の音楽家と1人のスポーツ選手を偶々選んでいて最初にtweetしたのがダルビッシュ。それ以来のtweet)。完全試合まで1アウトだったが、、、残念! 9番打者にヒットを打たれて降板したが、今シーズンの初勝利。快刀乱麻の凄いピッチングだった。祝福したい。
 
 試合後のインタビューで少し残念そうだったが、ダルビッシュは表面的には落ち着いて平常心で対応していた。運も含めていろいろな要素が絡み合わないと完全試合やノーヒット・ノーランは困難だが、野茂英雄は2回ノーヒット・ノーランの偉大な記録を残している。ダルビッシュ・有はまだ2年目の大リーグである。今後の更なる活躍が期待される。楽しみである。

 今回ヒューストンで試合が行われたが、Houston Astrosの本拠地が1965年に建設された世界初のドーム球場であるアストロドームであった時を思い出す。テキサスは高音多湿の気候で蚊の発生などの問題に悩まされていたので、屋内型球場が建設されたのである。
 
 当時、日本でもヒューストン・アストロドームは有名な球場となっていた。私はたまたま奨学金を得て1966年フロリダの大学院に留学しており、67年南部旅行の際にヒューストンを訪れた。残念ながら、ドーム球場での試合がない日だったが、球場の周囲を車で案内されたことが懐かしい思い出になっている。

 ヒューストン・アストロズの現在の球場は2000年に開場したエンレン・フィールド(現ミニッツ・メイド・パーク)であるが、開閉式屋根付き球場である。今年からアストロズはナショナル・リーグからアメリカン・リーグに移り、レンジャーズとは同じ西地区なので対戦する試合も多くなる。

 私はクラシック音楽のコンサートの感想などを中心にブログを書いているが、スポーツ観戦も大きな趣味です。プロ野球は大下、川上、青田が活躍した時代からラジオで夢中になって聴いていて、巨人・南海の日本シリーズはスコアを付けながらよく聴いていた。

 大学時代の1960年頃メジャーリーグの報道は英字新聞を通してだけであった。今日のような日本選手の野手の打席の記録まで載せる過度な報道などは想像もできなかった。当時 The Japan Times を購読して大リ-グの情報を得ていた。

 これを機会に野球についても昔を思い出しながらブログを書いてみようと思う。興味がありましたら読んでみてください。
 
 




プロフィール

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR