札響名曲シリーズ2017-18 遠くイタリアを夢見て(指揮/バーメルト)

〈森の響フレンドコンサート〉
 
スイス出身の指揮者、マティアス・バーメルトは過去2回札響定期に登場。札響との初共演が2014年1月、続く2016年1月はヴァイオリニストのイザベル・ファウストと協演して2度目の登場。今回の3度目の共演を前に2018年4月から札幌交響楽団首席指揮者に就任することが決まった。

2017年10月14日(土) 14:00開演  札幌コンサートホールKitara大ホール

指揮/ マティアス・バーメルト(Matthias Bamert)     管弦楽/ 札幌交響楽団

〈Program〉
 チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」
 メンデルスゾーン:交響曲第4番 イ長調 「イタリア」 op/90
 プロコフィエフ:組曲「ロメオとジュリエット」抜粋(バーメルト編)

チャイコフスキーはシェイクスピアに題材を得た管弦楽曲を3曲残しているが、《幻想序曲「ロメオとジュリエット」》は最初に書かれた曲で最も親しまれている。(*他の2曲は《交響的幻想曲「テンペスト」》と《幻想序曲「ハムレット」》。偶々、ドゥダメル指揮シモン・ボリバル響の演奏による3曲入りの輸入盤が手元にあったが耳にしたのは一度だけである)。「ロメオとジュリエット」はゲルギエフ指揮ウィ-ン・フィルのCDに「悲愴」とカップリングされていて何度か聴いたことがある。
チャイコフスキーの初期の傑作とされる「ロメオとジュリエット」は色彩豊かでオーケストレーションがダイナミックである。馴染みのストーリー展開であるが、モンタギュー家とキャプレット家の抗争が巧みに表現され、イングリッシュ・ホルンとヴィオラによる“愛の主題”が歌われる。両家の反目の主題がトゥッテイで奏され、最後に二人の死を悼むティンパニの響き。思っていたより大人数での演奏も観ていて気持ちが高揚した。

メンデルスゾーンが書いた5曲の交響曲の中で最も有名で広く親しまれている「イタリア」。メンデルスゾーンは20歳の頃にヨーロッパ各地を演奏旅行した折の印象を様々な曲に綴っている。その中でもドイツと対照的な明るい風土を持つイタリアが気に入って作曲した「イタリア交響曲」。ナポリなど風光明媚な街を訪れ、明るい陽の光の中で過ごす人々と接して得た色々な印象を基に作曲した。4楽章全体にわたって印象的なメロディが入っていて魅力的な曲。第4楽章はローマ周辺で流行った舞曲「サルタレロ」のリズムで始まり、ナポリの舞曲「タランテラ」のリズムも加わった。楽しい気分のうちにクライマックスへ。
前曲と対照的にオーケストラの編成は意外と小振りであった。

プロコフィエフは1917年ロシア革命勃発でアメリカに亡命して、33年に母国ソ連に戻り、祖国復帰後の初の大作が《バレエ音楽「ロメオとジュリエット」(全曲52曲)》。ボリショイ劇場での初演の機会に恵まれずに、プロコフィエフは演奏会用組曲に編み直し、36年に〈第1番〉7曲、37年に〈第2番〉7曲で初演にこぎつけた。44年に〈第3番〉6曲。
組曲がそのままの形で演奏されることは珍しく、指揮者が様々な形で抜粋することが多いようである。デュトワ指揮N響のCDでは8曲が収録されていて何度か聴いているが、演奏会で聴くのは今回が多分初めてだと思う。
今回はバーメルト抜粋で11曲。「モンタギュー家とキャピュレット家」、「朝の歌」、「少女ジュリエット」、「情景」、「朝の踊り」、「仮面」、「踊り」、「ティボルトの死」、「別れの前のロメオとジュリエット」、「ジュリエットの墓の前のロメオ」、「ジュリエットの死」。
5曲がCDと一致していたが、馴染みのメロディは2・3曲だけだった。
両家の抗争の場面は別にして音楽は抒情的な場面が多くて、粗筋は知っていても、具体的な場面が想像だけで把握しきれなかった。指揮者に目が行くより、ピアノ、チェレスタ、打楽器、管楽器の奏者に注目して音が発する楽器に思わず目が行った。ステージ全体が見渡せる2階正面の席から各奏者の動きが観れたが、静かな音楽が中心の曲の流れに何となく身をゆだねた感じになってしまった。

※バレエとしての初演は38年チェコスロヴァキアのブルノ劇場、祖国での初演は40年レニングラードのキーロフ劇場。
10年ほど前にゲルギエフ指揮マリインスキー劇場キーロフ・オーケストラによるバレエ音楽の全曲のCD2枚を手に入れ、購入時に一度は通して聴いている。バレエの実演で観ないとなかなか充実した鑑賞は出来ない。来年オープンする札幌文化芸術劇場でいつの日かバレエ音楽を鑑賞できる日を待ちたいと思う。

今回の演奏会では次期札響常任指揮者に就任したバーメルトへの歓迎の雰囲気が演奏会の最初から最後まで大ホールに漲っていた。特に演奏終了後のバーメルトに対する態度でオーケストラ楽員を含めて聴衆の盛大な拍手は凄かった。
来シーズンは4月の名曲シリーズ、4月定期、9月定期、1月定期と4回バーメルトは札響の指揮を執る。

アンコール曲は弦楽合奏で「モーツァルト:カッサシオン K.63より “アンダンテ”」。
関連記事
スポンサーサイト

外山啓介デビュー10周年記念ピアノ・リサイタル

外山啓介が正式にデビューする前の2005年に毎日新聞社・札幌コンサートホールの主催で《Kitaraのオータムコンサート》が開催されて外山啓介と橘高昌男が出演した。2人は共に札幌出身で日本音楽コンクール・ピアノ部門優勝者(外山は2004年、橘高は1996年)。(*2002年の第1位、鈴木慎崇、2010年の第1位、吉田友昭も札幌出身で札幌のピアノ教育レヴェルの高さがうかがえる)。
その後、2007年に外山啓介デビュー・ピアノリサイタルの全国ツアーが開催された。ツアー前にデビュー・アルバムもリリースされて各地で大反響が巻き起こり、最後の公演地となった札幌のKitara会場も満席で沸きかえった様子が脳裏に浮かぶ。

近年の外山の札幌でのリサイタルは秋に開かれているが、毎年聴き続けていて今回が16回目。13年に書いたブログへのアクセスが今年8月から急激に増えて異常を感じていたが、国内ツアーが秋に断続的に行われていて一過性の状況でないことが判った。

『オール・ショパン・プログラム』は07年、10年、15年に続いて4回目。今回はデビュー・リサイタルとほぼ同じようなプログラム。

2017年10月13日(金)  7:00開演  札幌コンサートホールKitara大ホール
〈Program〉
 ワルツ第1番 「華麗なる大円舞曲」 変ホ長調 op.18
 バラード第1番 ト短調 op.23
 ノクターン第20番 遺作 嬰ハ短調
 幻想即興曲 嬰ハ短調 op.66
 ポロネーズ第7番 「幻想」 変イ長調 op.61
 舟歌 嬰へ長調 op.60
 ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 op.58

「ワルツ第1番」は文字通りに華麗でスケールの大きい曲。19世紀のヨーロッパで最も愛された舞曲で、目まぐるしく回転する踊りを通して、高貴な貴族のイメージが広がる。ポーランドの踊りに由来するポロネーズやマズルカと違って、サロンの舞踏会で展開される娯楽音楽とも言えるような曲。

物語風の詩からイマジネーションを膨らませ美しい旋律で綴った「バラード第1番」をショパンと同じ年のシューマンは他のどの作品よりも好きだったと伝えられている。バラード4曲中で最も親しまれている曲。

「ノクターン第20番」を聴くと映画「戦場のピアニスト」の冒頭場面をいつも思い出す。映画の主人公が放送局でピアノを弾いているとドイツ軍の砲撃が始まる。この時の曲が「ノクターン嬰ハ短調」。2002年のカンヌ国際映画祭で最優秀作品賞を受賞して世界的に話題となった映画の冒頭場面で流れた調べ。(*ドイツ人将校との出会いの場面で弾かれた曲は「バラード第1番」だったと思う)。ピアノ・リサイタルのアンコールピースとして演奏されることが多い曲だが、その調べに常に心が揺さぶられて感動する。

ショパンの4曲の即興曲の中で最初に書かれた「幻想即興曲」は彼の死後に出版されたので「第4番」となり、タイトルもその際に「幻想」と付けられた。曲の中間部の甘美で感傷的な旋律が美しくて最も親しまれている即興曲。

「幻想ポロネーズ」は極めて独創的な作品。ポロネーズの持つ本来の舞踏的な性格は拍子やリズムの一部に残っているが、旋律形式ともに自由に書かれている。旋律は瞑想的で苦渋の雰囲気もあわせて“ファンタジー”となったようである。舞曲を芸術的に高めた作品として評価されている。

バルカロール(舟歌)はヴェネツィアのゴンドラの歌で8分の6拍子である。ショパン唯一の「舟歌」は8分の12拍子で書かれた。ゆったりとした船の動きを表現し、波が揺れるようなリズムや櫂から滴り落ちる水を表すようなメロディが情緒を高めている。名曲として愛されているが、演奏が難しいそうである。

「ピアノ・ソナタ第3番」は雄大な規模と豊かな詩的情緒を湛え、ショパンの最大傑作の一つとされるソナタ。ショパン晩年の代表的な作品。外山は以前ショパン作品の中で最も好きな曲として挙げていた。
4楽章構成。ソナタの伝統的な形式にとらわれずに自由に書き上げた作品。豊かな楽想で変化に富み、曲全体が重厚さに彩られていて美しい。

外山啓介はショパンで鮮烈なデビューを飾って10周年のリサイタルを一応ショパンの集大成の位置づけにしたのだろう。これまでのコンサートでもベートーヴェンやリストを含め他の作曲家の作品も取り上げてきた。それなりに器用なピアニストで繊細で色彩感の豊かな音楽を作り上げてきた印象が強い。ステージ上の礼儀も含めて好感度の高い演奏家である。三十路に入ってより積極的にレパートリーを広げていってほしい。
外山には確かにショパンが似合い聴き手の満足度も高いが、より新しいことに挑戦してもらいたい。

大ホールで1000名以上の聴衆を集め続けるのは大変だが、今回も女性客を中心に結構たくさんの人々がKitaraの客席を埋めた。アンコール曲は①ショパン:ワルツ第2番  ②シューマン=リスト:献呈。







関連記事

時計台(旧札幌農学校演武場)にクラーク像の設置

昨日10月10日の午後は時計台ボランティアの活動日になっていた。今月に時計台に新しくクラーク像が設置されることは事前に承知していた。詳しい情報は得ていなかったが、屋外でなくて屋内に設置される方が好ましいと思っていた。午後2時過ぎに銅像が運び込まれ2階の演武場に設置される作業が始まった。クラーク博士の座像は岩倉具視が揮毫した「演武場」の書の真下のステージ上に設置された。除幕式は10月16日午前10時から行われて、一般公開が始まる。身の丈182㎝の腰を下ろして座した像は長椅子に固定され観光客が2・3人は同じ椅子に座って記念写真を撮れる配慮もなされている。
その時間に会場にいた数名の来館者は設置の様子を見守って、一足先に立派な坐像を目にできて喜んでいた。私も丁度いいタイミングでその場に居合わせて運が良かった。

クラーク胸像は北海道大学構内の古河記念講堂前に設置されている(1926年、大正15年建立)。戦後、観光客が押し寄せて、北大構内へのバス立ち入り禁止となった。そのため、新たに観光バスが立ち寄れるクラーク像の設置が検討され、1976年アメリカ合衆国建国200周年、クラーク来道100周年の折、羊ヶ丘展望台にクラーク全身像(*正式名は「丘の上のクラーク」)が設置された。
この他にもクラークの胸像は大学の本部やクラーク会館などを含めて何か所かに保管されているようである。

観光客が目にするクラーク像は上記の2つであったが、今回、椅子に座った全身像が時計台内に設置され、市内の便利な場所でもあり来館者が増えることが期待される。札幌市民もこの機会に農学校の歴史と時計台の歩みを詳しく知るチャンスでもある。札幌が誇る農学校と時計台の歴史を再確認してほしいと願う。

※午後の活動が始まって直ぐ、台湾から2名の若者が2年ぶりに時計台を再訪してくれた。多分、2年前に時計台ボランティアと一緒に撮った写真を私に見せて、“この人を知りませんか?”と尋ねてきた。写真の日本人は毎週1回は活動している年輩のボランティアだった。スケジュール表で確認して、“明日の午前9時~12時半まで時計台の当番になっています”と教えてあげると、“明日、また来ます”と言った。前回の対応に感謝して再訪してくれたのだろうが、外国からわざわざ2度目の時計台の訪問はなかなかできないことである。私もすっかり感動して、話も弾んで約20分ほどの紙芝居を上演してあげた。多分、前回とはまた違った角度から、改めて演武場と時計台の情報を新たにしてくれた様子であった。ボランティアが作った紙芝居に感心して楽しんでもらった。帰りに私を入れて記念写真を撮っていった。時計台の事務所の人にも連絡しておいたが、今日の午前中に再会していることだろう。人と人の出会いで、こんなめぐり合いもあることの素晴らしさを味わった。

※札幌農学校演武場は1878年10月16日開業なので、除幕式はその記念日に合わせた。
クラーク博士はホイラー、ペンハローと共に1876年6月29日横浜到着。同年7月31日、東京で試験を受けた13人の生徒と一緒に札幌到着。同年8月14日、札幌学校農学専門科開業式を北講堂で実施。(札幌農学校と改称されたのは同年9月8日。北海道大学
は8月14日を創立記念日としている。) 
関連記事

第19代Kitara新専属オルガニスト デビュー・リサイタル

9月に着任する札幌コンサートホール新専属オルガニストのFirst Concert は例年10月に開催されている。第19代Kitara専属オルガニストはポーランド出身のMartin Gregorius(マルティン・グレゴリウス)。Kitaraでの愛称、マルタンは1991年生まれで、5年前の第12代のカチョルに続くポーランドからのオルガニスト。ポーランドはPMFにも毎年アカデミー生が参加するほど音楽家を多く輩出している国。

マルタンは母国の音楽大学卒業後、パリ国立高等音楽院、リヨン国立高等音楽院に学ぶ。2017年、ポーランドのパデレフスキ国立音楽アカデミーにてオルガン演奏の博士号を取得。これまでにヨーロッパ各国でコンサートを開催し、国際オルガン即興コンクール優勝の実績も有する。

2017年10月7日(土) 14:00開演  札幌コンサートホールKitara大ホール
〈Program〉
 リュリ(グレゴリウス編曲):バレエ音楽「町人貴族」組曲より “序曲”ほか2曲。
 J.S.バッハ:パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
デュリュフレ:オルガン組曲 作品5より “シシリエンヌ”
 サヴァ:踊る絵
 シューマン:ペダル・ピアノのためのスケッチ 作品58より
 グレゴリウス:即興による舞踏組曲

演目の中でバッハとデュリュフレの曲は偶々CDがあるが、メロディが思い浮かぶほど聴きこんではいないので慣れ親しんでいるわけではない。シューマンのオルガン曲はタイトルさえ耳にしたことがない。
上記のほかに作曲者不詳の曲も2曲演奏された。

リュリは17世紀の宮廷作曲家。ルイ14世の時代に作られた祝宴のための音楽。壮大な序曲とともにバレエの舞台が幕を開ける。楽器の王様と呼ばれるオルガンの迫力ある音色で舞曲が繰り広げられた。

バッハの曲で「トッカータとフーガ ニ短調」だけは何十回も聴く機会があって慣れ親しんでいる。他はタイトルが分る曲は数曲あるが、よく分らない。スペインに起源をもつ舞曲“パッサカリア”は何度も繰り返される主題と20の変奏、最後にフーガ。
前曲と違って重厚感のある響きと音楽の豊かさを感じれた。

シシリエンヌはイタリアのシチリア起源の牧歌的な踊り。多くの作曲家が様々な楽器用に曲を書いている。デュリュフレのこの曲は3曲構成の組曲の1曲。Kitaraの第11代オルガニストのシンディ・カスティーヨのCDの曲が入っていた。彼女には日本語を定期的に教えていて交流の機会が多かったので、曲と共に懐かしく過去を振り返った。彼女は極めて明るい人柄だったが、この曲は憂いに満ちた曲想のなかにも20世紀の時代の雰囲気を感じ取れた。

サヴァは初めて聞く名前だが、ポーランドの作曲家という。バルトークの民族舞曲などに影響を受けたようである。軽やかで明快な曲調でオルガンの特徴を生かして現代的な音の響きを創り出していた。

後半に14世紀、16世紀の作曲者不詳の音楽が演奏された。古い資料から舞曲の起源を探ったようである。余りに時代を遡ったのでピンと来なかったが、音楽そのものは舞曲のつながりとして何となく耳に入ってきた。

シューマンの曲はロマン派時代の音楽の中で普及したワルツ風舞曲として取り上げられたのかもしれない。

最後の曲はマルタン・グレゴリウスが舞踏曲として即興的に綴った調べ。演奏時間が15分で充実した演奏が続いた。日本の唱歌「もみじ」のメロディも入り、最後には「ソーラン節」を思わせるメロディも入って聴衆を大いに喜ばせた。

“デビュー・リサイタル”のプログラムとしては極めて個性的だと思ったが、今後も即興演奏を含めて特色のあるオルガン演奏会に繋がるのかもと思った。
演奏終了後に、“皆さん、こんにちは。 気に入っていたただけて嬉しいです。これから一年間よろしくお願いします。”と言って、アンコール曲に「チャイコフスキー:くるみ割り人形より “金平糖の踊り”」を演奏した。チェレスタの響きがオルガン曲として非常に心地よくリズミカルに響いた。馴染みのメロディに拍手大喝采が沸き起こって聴衆も大満足の様子であった。


関連記事

ゴッホ展 Van Gogh & Japan [北海道立近代美術館開館40周年記念] 

前回、道立近代美術館でゴッホ展が開催されたのが2002年だった。今回は15年ぶりの開催で1ヶ月半に亘る展覧会も終了まで10日ほどになった。午前中の時計台ボランティア活動を終えて、午後に近代美術館に出かけた。
北海道新聞社創業130周年記念事業ということもあって時計台の近くの本社ビルにゴッホ展の強大なポスターが4月から宣伝用に張られていた。5月から始まった時計台での活動日に、ある外国人が“外に画家の絵が掲げられているが何かあるのか?”と尋ねてきて、その時は何のことか直ぐに分からなかった。その外国人がオランダ人だと分かって、後からゴッホの絵のことかと判明した。そんなわけで日本の影響を受けて描かれたゴッホの「寝室」という作品を知った。

前売り券を買っていたが、今日は当日券を求める人が美術館の前で列をなしていた。今までに見たこともないほどの人々の行列にゴッホ人気はやはり凄いと思った。
中に入るとかなりの混雑ぶり。春の《大原美術館展Ⅱ》も有名な画家の作品が展示されていたが、ゴッホの作品を中心にした展覧会の人気は一段と賑わう。前回のゴッホ展は28万人が観覧したという。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの名も今回は多分オランダ語読みでフィンセント・ファン・ゴッホと表示されていた。1番目の作品が有名な「自画像」。前回も展示されていた同じ自画像だが今回のタイトルは「画家としての自画像」(*前回は「麦藁帽子を被った自画像」)。1887年の作品で油彩が生き生きとして130年前に書かれたと思えないほがどの新鮮さに感動! 

今回は日本の浮世絵と出遭って描かれた「花魁」も目を惹いた。歌川広重の「東海道五十三次」、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」などの作品も展示されていたが、日本の浮世絵画家から受けた作品に具体的な解説がついていて一段と興味を増した。
「雪景色」は初めて目にしたが、ゴッホの作品とは思えないような作風。「花咲くアーモンドの木」、「麦畑」は前回も出ていたようだが、遠近感なども取り入れて日本の夢を追っていたゴッホが身近に感じ取れたのは良かった。

ゴッホの死後に、彼の作品に憧れていた日本の芸術家たちがゴッホ巡礼を行った様子が葉書、写真などの形で展示されていた。混雑の中で細かい字で書かれた資料を読むのは避けた。

以前より美術館に通う回数は減った。午前、午後とスケジュールが続くと疲労感が増すのは加齢のせいで止むを得ない。昨日、来年3月来日するニューヨーク・フィルのコンサートのチケットを申し込み、今日は帰りにセブン・イレブンで発券してもらって心も一気に軽くなった。

関連記事
プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR